HOME  > コンテンツ  > 古物商 説明  > 古物とは

古物とは

§「古物」とはどのようなものでしょうか?

  1. 一度使用された物品
  2. 使用されない物品で使用のために取引されたもの
  3. これらいずれかの物品に「幾分の手入れ」をしたものをいいます。

上記1〜3のようなものを、「古物」といいます。

ここでいう「使用」とは、その物本来の目的にしたがってこれを「使う」事をいいます。また、「幾分の手入れ」とは、物の本来の性質、用途に変化を及ぼさない形で、修理等を行うことをいいます。

お問い合わせ・申し込みはこちら

料金表はこちら

ご依頼の流れはこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
13種類の古物
カテゴリートップ
古物商 説明
次
古物商許可(免許)が必要な場合

menu

古物商許可,古物商,取得,申請,手続き,代行,費用,中古品,売買,輸出,金プラチナ,貴金属,買取り,リサイクル,開業

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士