HOME  > コンテンツ  > 古物商 説明  > 13種類の古物

13種類の古物

§古物は法律で以下の13種類に分類されています。

美術品 書画・彫刻・骨董品・アンティーク物など
衣類 和服類・洋服類・その他衣料品など
時計・宝飾品 時計・宝石・アクセサリー・貴金属類など
自動車 その部分品を含みます
自動二輪・原付 これらの部分品を含みます
自転車類 その部分品を含みます
写真機 カメラ・双眼鏡・望遠鏡など
事務機器 パソコンとその他周辺機器・コピー・ファックス・ワープロ・電話機など
機械工具 電気類・工作機械・土木機械・化学機械・各種工具など
道具 家具・スポーツ用具・楽器・ゲームソフト・レコード・CD・DVD・日用雑貨など
皮革・ゴム製品 バッグ・靴など
書籍 古本・雑誌など
金券類 商品券・乗車チケット・郵便切手など
当事務所の古物商許可申請では、何種類申請しても追加料金は発生しません。
警察署によって、13種類すべてをチェックしても、受理してくれるところとそうでないところがあります。
お問い合わせ・申し込みはこちら

料金表はこちら

ご依頼の流れはこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
古物商 不許可要件
カテゴリートップ
古物商 説明
次
古物とは

menu

古物商許可,古物商,取得,申請,手続き,代行,費用,中古品,売買,輸出,金プラチナ,貴金属,買取り,リサイクル,開業

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士