HOME  > コンテンツ  > 古物商 説明  > 古物商許可(免許)が必要な場合

古物商許可(免許)が必要な場合

§古物商 許可 (免許)はどんな時に必要となるのでしょう?

※下記のような場合には、古物商の許可(免許)が必要です。
  • 中古品(中古車・中古ブランド品)の売買など、売る目的で中古品を購入する場合。

  • 中古品を無料で回収する場合には、古物商許可は必要ありません。

  • 鉄くず、アルミ、金くずを売買する場合には、金属くず商許可が必要な都道府県があります。

  • 海外からの輸入のみを業とされる方は古物商の許可は不要ですが、日本の古物を海外へ輸出することを業とされる方は、必ず古物商許可を取得しなければなりません。

中古車販売業、リサイクルショップ、ネットオークション等の開業のため、古物商の許可(免許)取得をされる方が非常に増えています。

とても身近な商売で、副業として開業することも可能なためでしょう。

※許可(免許)が必要なことを知らずに営業を始めてしまっていた方は、すぐに連絡ください。

お問い合わせ・申し込みはこちら

料金表はこちら

ご依頼の流れはこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
古物とは
カテゴリートップ
古物商 説明
次
古物商許可(免許)の種類

menu

古物商許可,古物商,取得,申請,手続き,代行,費用,中古品,売買,輸出,金プラチナ,貴金属,買取り,リサイクル,開業

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士