HOME  > コンテンツ  > 古物商 必要書類  > 登記されていないことの証明書

登記されていないことの証明書

§登記されていないことの証明書

※登記されていないことの証明書は、東京法務局が発行する「成年被後見人・被保佐人に登記されていないこと」を証明するものであり、古物商の申請には必ず必要です。

「身分証明書」と内容的に重なりますが、後見登録制度は平成12年4月1日以降施行されたものであるため、現在は「登記されていないことの証明書」と「身分証明書」の両方が必要になります。

登記されていないことの証明書(全国共通で必要:申請者個人、管理者、役員)

  • 登記されていないことの証明書は、お近くの法務局の本局で取得することができます。
    <一通400円>

  • 登記されていないことの証明書は、成年被後見人や被保佐人に該当しないことを証明するものです。

※登記されていないことの証明書を取得する場合は、必ず本籍地記載入りの住民票を取得し、住民票の記載通りに請求しましょう。

郵送で申請する場合は、東京法務局後見登録課のみの取扱になります。
〒102-8226
東京都千代田区九段南1-1-15九段第2合同庁舎4階
東京法務局民事行政部後見登録課
電話03-5213-1234

無料相談・ご依頼はこちら

料金表はこちら

ご依頼の流れはこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
身分証明書(身元証明書)
カテゴリートップ
古物商 必要書類
次
プロバイダー等からの資料(古物商必要書類)

menu

古物商許可,古物商,取得,申請,手続き,代行,費用,中古品,売買,輸出,金プラチナ,貴金属,買取り,リサイクル,開業

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士